Movable Type

MTのカスタムフィールドの値をphpmyadminで一括置換する

この記事を書いている時点で、Movable Type(以下MT)のカスタムフィールドはダッシュボード内で検索、置換することができません。 six apartが提供するWebCMS「Movable Type.net」だとできるみたいなんですけどね。 movabletype.net 自分でサーバーにインス…

MT移転先のインポートエラーを避ける移転元MySQLの分割エクスポート

Movable Type(MT)で接続するMySQLは、テーブルの総容量が大きいです。MySQLを1つのファイルでエクスポートし、移転先サーバーでのインポートすると容量上限が原因で上手くいかないことがあります。 MySQLのエクスポートをphpmyadminで分割して行えば、容量…

MTEntryNextが有効じゃなければ一番古い記事のリンクを出力する

現在の記事の次の記事の内容を出力するMTのテンプレートタグ「MTEntryNext」 次の記事へのリンクを出力する時に使われることが多いと思います。 このMTEntryNext、一番新しい記事は、次の記事がないのでコードが出力されません。 一番新しい記事だけ、本来、…

PageButeで分割したページの2ページ目以降をnoindexにする

MovableTypeのプラグイン「PageBute」を使って、ページ分割した2ページ目以降をnoindexにするコードの記述です。 コードはこちら <MTPagination> <MTIfPaginationFirst> <meta name="robots" content="noindex,follow"> </MTIfPaginationFirst> </MTPagination> これを該当するテンプレートのheadタグ区間に記述します。 自分の場合は、カテゴリーや月別ページのテンプレートに記述し…

MTEntryPreviousとMTEntryNextで同じカテゴリ内の前後の記事を出力する

MovableTypeのバージョンが、6.0.2以降ならプラグインを使わなくても、同一カテゴリ内の前の記事、次の記事を出力することが可能です。 使うテンプレートタグはこの2つ。 MTEntryPrevious MTEntryNext デフォルトだと投稿日を基準に、MTEntryPreviousは前の…

MTで個別記事に設定したタグで記事のフィルタリングを行う

MovableTypeの記事で指定するタグの値を使って記事のフィルタリングをすることができます。 特定のタグを指定した個別記事のみを表示する場合 ブログ記事の一覧を表示するブロックタグMTEntriesタグの中に、下記のようにtagsという記述を追加して、その値と…

ヘテムルのcronでMTの予約投稿を設定。

2007年からMTで運営しているサイトがあります。特に内容があるものでもないんですが、記事の追加は比較的楽なので、ゆっくり更新を続けています。 記事の体裁なんかも決まっているので、以前からあらかじめ記事を入れておいて、自動投稿しようと思ってはいた…

MTの個別記事で同じカテゴリの記事一覧を表示する際に、現在の記事を除外する。

MTやWordPressなどのCMSを使ってサイトを構築する際、個別記事の中で、関連記事として同じカテゴリの一覧を表示する場合があると思います。 その場合のテンプレートタグの組み方は、以下のような感じ。コード中のHTML要素は例です。ただ、この組み方だと1つ…

MTで同じカテゴリーで投稿した記事の前後4つずつの記事リストを出力する

2016年8月10日 追記: MovableTypeのバージョンが6.0.2以降なら、プラグイン無しで同一カテゴリ内の前の記事・次の記事を出力することが可能で、かつ前の前の記事・次の次の記事の出力も可能です。詳しくは下記の記事をご覧下さい。 MTEntryPreviousとMTEntr…

エントリー単位で、MTIfで条件分岐する

Movable Typeのバージョン4以降になって、MTIfとMTSetvarを合わせての条件分岐が組みやすくなりましたね。 MTIfCategoryタグなどは、カテゴリーごとに条件分岐するので非常に重宝します。で、もっと細かくエントリーごとに条件分岐できないか考えてみました…

MTのアップグレード時に遭遇するエラー

データベースをSqliteにしているMovableTypeをアップグレードするときに遭遇するエラーです。 エラーが発生しました。 close Can't connect to data source , no database driver specified and DBI_DSN env var not set SqliteのMTの場合、旧MTのデータベー…

MTのカテゴリの並べ替えをプラグインなしで行う

MovableType3以降なら、プラグインがなくてもカテゴリの並べ替えを行うことが可能です。 カテゴリの並べ替えには CutfirstChar SortCatFld あたりのプラグインが利用されることが多かったと思います。 MT3以降では、HTMLを除外することができる<b>remove_html</b>と…

MTの一覧ページで親カテゴリとサブカテゴリの記事を表示する

MovableTypeで、カテゴリページに、そのカテゴリーに属する記事一覧だけを表示するだけでなく、そのカテゴリーに属するサブカテゴリの記事一覧も表示したいです。 ただ、サブカテゴリページで、同階層のサブカテゴリと、その親カテゴリに属する記事一覧を表…

テンプレートセット作成時の注意2

MT4でテンプレートをコーティングして、pluginディレクトリにファイルをアップロードしてMTのダッシュボードにアクセスしたら、 Got an error: Error reading /home/USER/www/mt/plugins/TMPL/config.yaml: Bad hash line といったエラーが・・・。このエラ…

テンプレートセットプラグイン(config.yaml)作成時の注意

Movable Type4では、カスタムテンプレートをプラグイン化することによって、テンプレートの一括入れ替えが可能にすることができるようになります。 config.yamlというファイルを用意して、カスタムテンプレートをmtmlという拡張子で作成し、まとめてMTのplug…

MTが生成するHTMLファイルのパーミッションを644にする

さくらサーバー(スタンダードプラン以上)やエックスサーバーでMovable Typeを設置した場合、mt-config.cgiに以下の記述を追加しておくと生成されるHTMLファイルのパーミッションを644にできます。 DBUmask 0022 HTMLUmask 0022 UploadUmask 0022 DirUmask 00…

Movable Typeの記事の自動保存を無効にするmt-config.cgiのコード

Movable Typeは、編集中に自動保存する機能が付いています。 便利なようで、これがたまに記事保存やテンプレートの編集を保存する際に邪魔になることがあります。 自分の経験上では、自動保存中に、手動保存すると画面が固まるといった現象に何度か遭遇しま…

ブログの複製には要注意

Movable Type4.2では、ブログの複製ができます。ただ、この「ブログの複製」、すべてのデータを複製してくれるわけではないんですね。 複製の手順は、システムメニューからブログの一覧にアクセスし、複製したいブログにチェックを入れて、リスト上部にある…

MTでプラグインを使わず特定のカテゴリの表示・非表示を切り替える

MovableTypeでは、特定のカテゴリの表示・非表示を切り替えるのにプラグインを使うことで対応していました。 それがMT4以降では、MTSetVarBlockとMTIfを組み合わせることにより、プラグインなしで、カテゴリの表示・非表示を指定することができるようになり…