冬ランに備えてウェアを調達、今回はOAKLEYをチョイス

11月も下旬に差し掛かり、朝晩が冷えてきました。

ランニングも夏と同じウェアだと厳しいので、ここのところは3月に買った春用のウェアで走っていたんですけど、ちょっと寒い。

ということでウェアを調達。

 

OAKLEYの紺のウィンドジャケット(10,368円)と、黒のクロップドパンツ(7,128円)。

dsc00013

 

下半身のインナーとしてC3fitのサーマルロングタイツ(12,960円)、アシックスのニットグローブ(3,024円)、CROSSPROのラン用靴下(1,620円)。

dsc00016

 

CROSSPROって聞いたことがないんですが靴下メーカー「岡本株式会社」のブランドのようです。

2016-11-22-20-46-30

www.okamotogroup.com

足の親指の付け根あたり(拇指球)の生地が厚くなっているのですが、これが足の疲労を軽減するとのこと。

この裏面の説明を読んて履いてみたくなったんですよね。

 

ということで、

実際に着て走ってみた

着てみるとこんな感じ。

dsc00017

 

走ったときの天気と気温。

161123-tenki1

OAKLEYのウィンドジャケット

防風効果はかなり高い印象。

dsc00029

OAKLEYの黒のクロップドパンツ

走っていて違和感なし。裾がヒザに引っかかるようなことはありませんでした。

dsc00030

C3fitのサーマルロングタイツ

足が冷えた感じがしないので、かなり保温効果が高いと思われます。あと締め付け感が丁度良く、肌触りも悪くないです。

dsc00079

CROSSPROのラン用靴下

足の親指の付け根あたり(拇指球)の生地が厚くなっていて着地の衝撃を吸収する作りらしいのですが、シューズの衝撃吸収も高くて以前との違いが分かりませんでした。

161127-bosikyu

アシックスのランニングニットグローブ

真冬になったら、かなり手が冷えそうな感じ。もうちょっと生地が厚い手袋を用意しないとダメそうな気がしてます。

 

C3fitのサーマルロングタイツはお値段高めですが、もう一本買おうと思いました。ウェアは防風効果が高いかどうかで選ぶといいのかなって感じでした。